96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
バックライトの付いている電子辞書は、バックライト無しではどうも見えにくい。
夜照明なしであるいは暗いところで、電子辞書を使う人が多いのでしょうか?

これは何なんでしょうかね。理解に苦しみます。
そういうふうな暗い所で使っていれば、徐々に眼を傷めるような気がします。
若いころは平気でしょう、私もそうでしたが、或る日急に眼にくると思いますよ。

電子辞書の売り場は明るいので、バックライトがあれば良いのか、無くても良いのかは判断つきません。
私の経験で言えば、事務所のような明るさがなくても家のリビング程度の普通の明るさがあれば、バックライト無しで十分です。

売れているメーカーは、バックライト付きでコンテンツ多数を売りとしているようです。
やっぱり、まだまだ電子辞書は成熟していないのかな。

スポンサーサイト
 
最近、自宅や会社で電子辞書を使っています。
私にとっての一番の利点は、字を大きく出来ることですな。
本では、細かい字を見るのがつらい状態になってきていますので。

3年程前のリサーチで60代以上は5割ほど電子辞書を所有しているようです。
さもありなんと思いましたが、驚くべきことに10代は6割以上持っているという結果が出ています。
これはどういうことなんでしょうか。

電子辞書で英単語や漢字熟語を憶えるというか、習得することができるのでしょうか。中に入っている辞書は中学生では難しそうですが、10代の後半ぐらいなら、使いこなせるのでしょうか。

復習は本で憶えるのと同様、発音しながら書いて、書きながら発音して勉強するのかな。
英単語はいろんな意味があるので、学生時代は一覧性のある本を活用する方が良いのでは、とロートルの私は思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。