96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
(サラリーマン)
・会社への貢献度によって役職が上がり給料も上がる。
・55歳が役職定年。会社に入って30年以上働いて、退職金をもらう。そこで引退するか、あと5年間を少ない給料で働く。
(棋士)
・自分の成績によって給料が増減。連盟への貢献は関係なし。
・年間平均30局。対局日前後つぶれるとしても年間90日で、サラリーマンの稼動日数の 1/3程度。
・四段になった特権があり、全敗してもC2で3年、フリークラスで10年在籍できる。四段になって全敗に近くても、13年で2000万円以上稼げる。普通活躍しなくとも、平均10年以上C2、C1に在籍していますから、5000万円以上になる計算になります。

サラリーマンは30年働いてやっと1000万円程度の退職金を得ることが出来るのです。一生涯かけてやっとそれだけ得られるのです。10年でやめれば、100万円いくかどうか、20年で500万円いくかどうかがサラリーマンの世界です。

将棋界への貢献が無いのに、退職金の分配というふうな感じの10年間分割して支払われるようなフリークラスの制度が、おかしいと思いませんか?
スポンサーサイト
 
どうも今までの報道によると、毎日新聞への持っていきようが良くなかったようですね。
離縁通告ではなくて、契約継続の協議しましょうという通知ぐらいにすべきだったのでは と思います。
自動継続を防ぐために、3月中にアクションが必要だったのでしょうが、契約破棄と見なされるような通告は勇み足です。
こういう通告で事が公けになったので、毎日は徹底抗戦でしょう。協議しましょうということであれば、リークされてもこれほど大きな問題にはなっていないと思われます。

今までの棋戦の契約金額ではやっていけないのならば、出費を減じる方法をとらざるを得ないと思いますが、そういう案は全然聞こえてこないけれども、連盟は検討して各棋士に問いかけているのでしょうか?
いきなり棋士一律一人頭百万円ではびっくりしますわな。
 
Y永世棋聖のHPで、名指しで元将棋世界編集長を非難しています。
個人名を出しちゃいけませんな。
 
O四段のブログでO四段が書いています。4/15付のブログ。

引退する時を決めました。とその驚くべき理由が書かれてますが、もう一つびっくりしたのが、
一度もお話ししたことの無い先輩ですが、名人戦について素晴らしい意見を書いていると紹介されたその先輩のブログを見ると、連盟を批判しているので、処分を受けるかもしれないとある。

何ですか、これは?
自分の意見を書かずに、付き合いのない先輩の、処分を受けるかもしれないと書いてあるブログを紹介するのですか?
(今は、その先輩の文章は訂正されています。)
 
Rapture Riders という曲で ブロンディとドアーズが共演しています。
小生は両方とも好きなので、アルバムを購入しました。

BLONDIE/GREATEST HITS:SOUND & VISION

でも映像は UK version で アメリカのRolling Stoneのサイトで流れていた映像ではありませんでした。
アメリカの映像の方が好きなので、USA version を発売を心待ちしております。

宣伝しましたので、東芝EMI殿、DVDシングル発売よろしく。
 
M六段の掲示板と小生が云っているのは、近代将棋の編集手帳の一番トップにあるホームページです。
将棋に関心あってこれを知らない人は、一度見てください。何らかの意図があって書いている人ばかりです。

小生のつき合ってきた会社と同じで、分かろうとしない、打っても響かない人ばかりが出てきます。そういう人がこの掲示板に巣くっていて、こりもせず、書いてます。本当に見苦しい。○田○田氏やTN氏が去っていった事を何も考えていないのでしょうね、この掲示板の代表者と管理者と住民は。棋士や将棋ファンと名乗って欲しくないですな。

小生はほっとこうと思っていましたが、ちょっと様子を見ます。場合によっては、今度、掲示板の名称を明らかにして、一般の人の眼にふれるようにしてみるかなと思っています。この掲示板と比較すると、非常に良識のある2ちゃんねるの掲示板と一緒に併載する方がよさそうですな。
 
連盟は赤字の解消策として、この1年いろいろやってきて、前年度は瀬川効果もあり、ある程度赤字が減りましたが、今年度からは非常に厳しい状態になるでしょうね。将棋世界もそれほど売れ行きは伸びない。
一番簡単なのは、棋士の給与・対局料を減らすことですが、これは棋士の反対があり、現状すぐにはまとまらない。まぁ自分の給与が減らされるほどの深刻な赤字かどうか、分かってない棋士が大半だと思いますけど。

5/26の棋士総会の議決でどっちに決まろうが、結局金額面ではほぼ現状維持です。赤字の解消にはならない。
各棋士個人は、この機会に自分のいままでの行動を振り返ってみてはいかがかな?目の前の赤字と今後起こりうる棋戦の減少・縮小に対して、自分の今の立場で何ができるのか、何をすべきなのか?

この問題に対する公表前の連盟の水面下の動きは、やむを得ないと思いますが、何故マスコミに洩れたのか、それも名人戦第一局の最中に。何故こんな時に?
このマスコミへのリークに棋士が関与していたならば、許せないですね。今回の名人戦に泥を塗ったようなものですから。
誰がリークしたか、連盟は、追及調査すべきと思います。
 
将棋連盟収入の現状維持の確保と見た。

(理由)
・毎日新聞が継続、あるいは朝日新聞に代わっても、金額面では これから4~6年間は現状維持(かプラスの方向)が予想できる。
・棋界で最も権威のある名人戦で契約問題が起こっているので、新聞社等のスポンサーの主催する棋戦の取り止め・減額の意向の歯止め、牽制になる。
・問題が紛糾しても、あと1年間は毎日が主催するから、以前のような空白の1年は起こらないと連盟は考えている。
・5/26の棋士総会の議決で決まるようですが、どっちに投票しても棋士の収入には当分影響ない。どっちに転んでも、事を起こした日本将棋連盟理事会が悪者になるだけ。(まぁ、収入が減らなければ、世間から何と言われようと我慢できますわな。)

連盟殿、収入が現状維持できる4年ぐらいの間に大改革をして早く赤字を減らしてほしいものです。

小生のまた余計な提案を二、三つ。
・段位、クラスで対局料を決めずに、勝者・敗者で差をつければ赤字はすぐ解消できるのでは?
・フリークラスの棋士は、たとえば年間の勝率が3割以下でイエローカードで、3枚たまったら引退してもらう。というように刺激というか、勝つ事への意欲を持続させるべきでは?
年間10局ぐらいの対局で、ほとんど負けているにもかかわらず、年間百万から二百万程度の収入があって、10年も15年も続けられたら、連盟は無駄金を使っているなとスポンサーは思うでしょうね。
・対局ではねばりが必要と思いますが、勝負師なんですから引き際はかっこよく去ってもらいたいものです。今の現状のフリークラス制度は、修正すべきではないでしょうか?

 
○We are the World('85年)
yeah,yeah,yeah,yeah~ と Cyndi Lauper が叫ぶというか、合いの手(言い回しが古くさい?)を入れているところが、最初から一番印象に残っているし、今でも好きな部分です。
この曲が流行った当時、カラオケに行った時に小生が選曲し歌うのですが、ほとんど誰も一緒に歌ってくれなかったですね。大勢でやるのに最適な曲なのに、盛り上がりに欠けました。自分は、Bruce Springsteen のパートをやりたかっただけなんですけど。

○マイケル・ジャクソン Michael Jackson
まずはやっぱり、言わずと知れた Thriller ですな、'84年の発表。今、35~40歳ぐらいの方、真似して踊りませんでしたか?もし小生の年齢がそのぐらいだったら、人生が変わっていたはずです。
他にも見ごたえのあるショート・フィルムがいろいろあります。が、今小生が気に入っているのは、Brace Yourself です。マイケルの曲ではなくクラシックの カルミナ・ブラーナ が流れているのですが、映像と曲が見事にマッチングしています。

○ジミ・ヘンドリクス Jimi Hendrix Live at the Isle of Wight
○シェリル・クロー The Very Best of Sheryl Crow the Video
ちょっと事情があって、いずれも通しでは見られなくて、断片的に見ただけですが、また見ようという気にさせる映像です。

○踊る大捜査線 TV最終2話とTV歳末スペシャル版
上記と 映画一作目の MOVIE が最高と小生は思います。
このときTV最終2話の前に、4話か5話分見ており、その後に秋のスペシャルと映画も2本ビデオで見ました。いやぁ何度見ても飽きないですね。
アメリカのアクション映画と同じで、テンポが早くウィットに富んだ会話が楽しめ、いくつかのストーリィが並行して進んでいき最後にはつながるという洋画の手法を取り入れています。
従来邦画のイメージは、動きが少なく、ユーモアがなく、じめじめとした深刻な内容のものが多かったので、こういうカラッとしたものは、洋画好きな小生にとっては待ち望んでいたものでした。
和久(いかりや長介)さんが居なくなって、新しい本来の 踊る が見ることが出来ないのが寂しい限りです。
 
今になって、将棋連盟や一部の棋戦のリンクを貼っている。
名誉毀損的な書き込みをずっと放置して、今になって削除依頼のバナーを貼っている。

いずれも理解できません。何を今更。
今更リンクを貼るのは、何の意味があるのでしょうか?
削除依頼のバナーは、他の人を巻き込むためですか?削除すべきかどうか自分で判断できないのでしょうか?
いやはや、あきれました。とことん戦争するつもりのようですが、戦いになってない。見苦しい感じがします。

深刻なる親告 の後で、今更上記の事を行なっても無駄でしょう?
何かあってからでは遅いのです。

今日、パート3の親告が来ました、Y九段の意志は明確です。どうするんですかね?
M掲示板側の意志を明確にすべきでは?
早く決着つけてほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。