96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
ごそっと延長掲示板へ持っていきましたね、管理人(グループ)様。

理由のひとつは、管理人様が答えたくないテーマがあったため。続きの回答するんじゃなかったのですか?こういうことからいつも逃げていますね、管理人様。エンドレスですか?

ふたつめは、管理人様の意図にそぐわないテーマが長く続いたためのようですね。
常連様の考えの浅はかさをおもんばかり、この挙に出たものと斟酌します。

しかし、何もなくスッキリし過ぎじゃないですか。また管理人様はどこかに出かけるご予定ですかね。
常連様、話題をどんどん提供してギャラリーを楽しませてくださいよ。

良きにつけ悪しきにつけ掲示板を賑わした人を排除した今、ここからが常連様の腕のみせどころ。
まさか、ここの常連様は批判するだけ、賛同の同歩するだけではないでしょうね。
スポンサーサイト
 
最後の一人が去って行きました。
その後感じたことを2点ほど書いておきます。

去り際にある人に丁寧に侘びを入れてましたね。でもその人のコメントはいまだに何もない。何か一言でも返すべきと普通の人は思いますが。まして、その人は去った相手を一方的にののしった方。
居るんですわ、こういう人が、好き嫌いの激しい人が。目下と見れば気に食わない人間には挨拶も返さない人が、この掲示板の常連に居る。

王位戦の途中局面をアップした掲示板をM六段が立ち上げてコメントしてましたが、誰も意見や質問を返してない。そういうことには関心がない、期待していない、いかにもこの掲示板らしいですね。
また、その局面は主催新聞社のHPからそのまま貼り付けているように見えるが、著作権にひっかからないかという指摘がありました。これまた、らしくて思わず笑ってしまいました。
何も考えなくてアップする人、法律を気にする人がこの掲示板の常連。

常連様がこの掲示板の繁栄の鍵を握る。
 
公開質問状を出した人への、非公開の自分の見解。

もうこれでわかったでしょう。質問状に対してごじょごじょ難癖つけてくるメンバーを見れば。
管理人サイドの人がもちろん居るし、掲示板の流れに乗っているだけの人も居るし、意図的かどうかは知らないが、結果的に彼らはスクラムやタッグを組んでいる。
何故か法律に詳しい人が多いようで、頭ガチガチみたいですね。
この掲示板を良い方向に変えようとは少しも思っていないところが、自分には驚きです。

この回答が管理人様より出てくる訳がないのは、わかっているけれども、一縷の期待をしているということですかな。
もう、ほっとけば。あなたが去ったあと、この掲示板が続くかどうかの方が見ものです。
他に特異なキャラクターが出てこなければ、管理人サイドの話題ばっかりで、同歩、同歩のオンパレード。
そうなるのが良いのか、悪いのか、常連さん次第ですな。
 
管理人様、しでかしましたね。
いきなりのレッドカード。余程腹に据えかねたのでしょうか。
彼(男性と思うが)は、管理者側に対して反対意見を持つ一方の極に位置して この掲示板のバランス化を図り、また盛り上げた一人と評価しておりました。

そういう人をなくしてしまって、本当に良かったのですか、管理人様。退場のきっかけとなった彼の意見(否、彼の思い)に過剰反応と見える。
管理者側にとっては厳しいでしょうが、こういう思いに対してこそ、ユーモアやウィットで返して欲しかった。痛い所を突かれたので出入り禁止にした、私なんぞはそういう風に解釈しています。

「イヤなら来るな」ではなく「イヤだから来るな」になったのか。

残りはあと1人?になりましたが、その人が去ると、気の利いた議題を挙げる人はいなくなってしまうのでは。
誹謗中傷以外で、管理者側発案のテーマが長続きしたことがあったでしょうか?
過度のまじめさは、うっとうしいだけです。
 
(会長のブログ)
9月上旬発売の将棋世界10月号に新政策の大筋を書きました。
8/30 明日は毎日新聞社が朝日新聞社に名人戦について回答する期日です。
8/31 どうして共催にしないんだろう。
(読売新聞)
8/30 毎日新聞社は将棋名人戦の共催案について、「8月中の回答はできない」ことを明らかにした。

*新政策を見てから、回答しようと毎日新聞社が思うのは理解できる。
*8/30、31と他人事のようにブログに書く会長の神経がわからない。毎日を逆撫でしているのではないか?
*何故、第三者の読売のみが報道する?

何でもいいけど、来期順位戦・名人戦が滞りなく行なわれるよう頼みますよ、会長様、連盟様。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。