96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
表題のアルバムは今月発売されたもので、私は計10回程聴きました。
昔にくらべて、音楽にそれほど熱中しない私にとって、この回数は特筆すべきこと。

これは良いです。1年に数枚しかアルバムを購入しないロック・ポップスファンはぜひこれをその中の1枚にしてください。
思わず口ずさめるようなメロディアスな曲が満載です。
スポンサーサイト
 
会長のHP記載の将棋の話「和解」は、しり切れトンボ。
結局、M六段に訴訟を勧めた御仁と仲良くなったということが言いたかったのかな?

女流棋士独立の問題でまたもや、もめています。ちょっと突き放したつもりが本当に出て行く方向になりそうで、理事会があわてている様子が目に浮かびます。
名人戦問題と同じようなことをまた続けているようですな。
 
1月20日に書きましたことのその後について

*ご報告とお知らせが、将棋世界3月号248ぺージに載りました。
*近代将棋3月号にはM6段のHPの記載が復活しました。

注目は会長のHP記載の将棋の話「和解(1)」の内容。今までになく具体的な内容となっていて、次週も続くようです。いよいよ攻勢に転じて来ましたかな。

その内容に対して、M6段自身で反論すべきは反論すべきでは。
M6段の掲示板の管理人は自分が何を管理すべきかわかってないし、常連は自己満足のために掲示板に書き込んでいるだけ。M6段自身もわかっているでしょうけど。

そろそろ、○○○ですかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。