96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
とうとう最後まで京急将棋祭りは、地元なのに連盟のHPでは日程も触れずじまいで終わりましたね。連盟が関与しなかったら報道に値しないとお考えのようです。

大阪で行なわれた近鉄将棋祭りも何にもニュース無しですね。関西将棋連盟が詳しい説明すれば、御本山の日本将棋連盟は何もしなくて良い、ほっとけですか。

いやぁ、良い心構えですな。驚きました。痛み入りました。
この調子で是非続けてください。続けられるなら。
スポンサーサイト
 
またですか。「最新のトピックス」

このすぐ下が、
桐山清澄九段、900勝を達成!

まぁ暑さのせいとしておきましょう。


 
時系列で並べて検討してみます。
○:マスコミ各社発表 ※:会長HP

○7月17日の順位戦(毎日・朝日共催)C級2組でN四段が不戦敗。
この日には後手初手指しの反則もありました。
※8月1日週一の理事会。
○連盟理事会は2日付の棋士向け会報で会報で不戦敗や遅刻を戒めた。
○8月3日N七段不戦敗。(銀河戦)
○8月6日M六段不戦敗。(銀河戦)
※8月8日理事会の8名合議にて処分決定。内容は銀河戦不戦敗の2名は罰金各100万円と、該当棋戦について次回の出場停止処分。
※8月9日理事会の会長・常務・理事・職員の部長が主催者(朝日・毎日・銀河戦の3社)へ出向いて謝罪。以上の手続きを終わり、将棋関係のマスコミに通知を出し、棋士へ連絡した。
○同日の8月9日、N四段については、今回が初めだったことから謝罪書の提出と、手当の月額30%減(1カ月)としたとマスコミが報道。

時系列が不明なもの
※初回でしたので口頭注意と減俸10分の3、1ヶ月。
とあるが、N四段に対していつ注意し、いつ処分を決定・通知したのか?
N七段・M六段に対してはいつ注意し、いつ処分を通知したのか?

問題点
1.本人が訪問しない謝罪なんて、常識では考えられない。まして将棋界のような場合では、本人の師匠も同席が当然。
2.N四段の件の謝罪はもっと早い時期にすべきでは。逆にN七段・M六段の件の処分と謝罪は迅速過ぎて、とりあえずまとめて謝っておこうという感を受ける。
3.何故処罰を決めてからでないと、謝罪に行かないのですか?
まずはお詫びでしょう。

本日のキーワードは連盟の「勇み足」。
まぁこの件は連盟内部で後々もめるだけで、外部へはほとんど影響がなさそうで、勝手にシンドバッドとしますか。
 
過去20年間に5回(今回除く)不戦敗の棋士にいきなり罰金100万円ですか。
他の棋士から「連盟理事会の対応が甘い」「相撲界を見習え」ですか。

この処置はいろいろ問題がありそうです。

○20年間の過去を持ち出して、いきなり高額(と思われる)の罰金はまずい。
この6回目の対局料の2倍か3倍の罰金というのならば、理解は出来る。でもその2倍か3倍の金額が100万円になるのであれば、もらい過ぎ、対局料が高過ぎる。

○この20年間、歴代の連盟の対応が甘かったということであり、相撲界を見習うならば師匠の責任は?ということになる。
過去20年間の連盟理事・会長と師匠も責任を問われるべきである。
亡くなった師匠には責任が無い、これは当たり前。じゃぁ、師匠不在のまま現役棋士を続けることはかまわないのですか?と私は問いたい。
年をとっても一般常識のない棋士を、せめてその棋士よりも年長の棋士(引退棋士・兄弟子)が面倒をみるべきでは。

○罰金という名目なので、連盟の懐に入ると思いますが、有益に使われるよう切にお願いいたします。私がスポンサーならば、使途を確認します。

本日のキーワードは「何にせよ、いきなりはまずい」
 
連盟のHPに対して、いろいろ納得いかない部分をいままで指摘していますが、私自身は実際にHPを更新している人には、これっぽっちも批判しているつもりはありません。

明確な方針も無い、理事からのHPアップの指示があるだけのようで、逆にご同情申し上げます。

HPを運用するというのは、雑用と考えているのでしょうが、連盟理事の重要な仕事です。HPは連盟の顔であり、情報は的確にまとめてわかりやすく、発信しなければならないと思います。

本日のキーワードは「HPは連盟の顔」
 
8/1から来年の3/31まで、中原・谷川・森内永世名人の十六世・十七世・十八世名人の肩書きで追加署名を入れる免状(五段~八段免状限定)を発行するようです。

通常の免状は、連盟の会長と名人・竜王の署名ですが、文面から読み取ると、これはこの3名のうちから1名追加署名ということですか?それとも現名人は森内名人なので、中原・谷川名人両者の追加署名ですか?
よく分かりません。

八段の免状料は300万円ですか。
宝くじやLOTOで2億円当たって金が有り余っても、私ならそれには使わない。
税金対策上とかで何かメリットがあるのでしょうか?

将棋世界で免状授与者は8、9月号で六段でそれぞれ10何人、七段が9月号で1人いました。

六段までは囲碁の日本棋院の金額とほぼ同じですが、七段で倍、八段の金額は将棋で初めて出てきた。
日本将棋連盟では免状料、日本棋院では寄付金。
寄付金と記載している方がはっきりしていて、すがすがしいですね。

連盟のすることは?ばっかりです。

本日のキーワードは結果的にいつも「人の気分を害する」
 
一般のファン、特に会社員は各所で行なわれる将棋祭りを楽しみにしています。
私もその一人ですが、ちょっと気になる点がありましたので、何点か掲げます。

日本将棋連盟のHPでは、
・各所の将棋祭りのスケジュールの一覧がありません。
左のイベント欄は過去のものだけ。そこには、トップページのイベント項目を見よとあるが、項目自身が無い。
・「最新のトピックス」で長野の将棋祭り(8/11から)の紹介。東急東横店は8/6から始まるのに、何故か一段下の「お知らせ」に載っています。あれ、今日(8/4)の午前中は「最新トピックス」にあったような…でも最終更新時間を見るとそうでない。
・もう一つ横浜の方で8/16から行なわれる将棋祭りは、どこに載っているのでしょうか?
(これはおそらく東急東横が終わってからHPアップと予想します)

○スケジュール一覧を早い時期に載せられませんか?

最近は、盆休みも少数人数でも出勤となる会社が多くなってきています。ということは、いわゆる盆休み期間中に休むのではなく、その前後、あるいは一つにまとまった休みではなく、飛び飛びでの休みのとり方もあるわけです。
将棋祭りに行きたい将棋ファンは、各所のスケジュールがわかれば、ここで1日あそこで1日と自分自身のスケジュールが組める。連盟のちょっとした気配りがあれば、将棋祭り全体の会社員参加人数は一挙に倍増と思います。

8/3発売の将棋世界では将棋祭りの一覧表があるが、この時期ではもう遅い。会社員の8月の休みの予定は確定している。
50代以上の会社員でも今や、会社でパソコンを使うのは当たり前。家庭でも自分用のパソコンを持っている時代です。
だから連盟が会社員のファンを重きに考えるのならば、HPで遅くとも7月中旬までに期日だけでも発表すべきと思います。

本日のキーワードは「気配り」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。