96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
いやぁ、王位戦最終局、良かったですね。
7七桂あたりをネットで目撃・観戦しました。出来るならば、やっぱりライブに限る、勉強になります。

ますます思いを強くしました。結局、雑誌に載せる棋譜の解説はネットなどのライブであらかじめ観戦した人向けのものでしかない。要は2度目を味わっているんですね。だから雑誌で初めてその棋譜の解説を見た場合は、焦点・力点がぼやけて見えないのだと。

これでわかりました、雑誌が売れない理由が。
ライブで見た人は、気にかかる点や疑問点はあらかじめ認識しているので、立ち読みで済ませられる。
ライブを見ないで、雑誌を手にとった場合、この雑誌の解説ではピンとこないので買わない。

雑誌を売るためには、詳細な解説が必要ではないですか。手にとってみて、詳しく書かれておれば、購入してじっくり読もうということになりますわな。

それで臨時増刊号です。
羽生が破れ、深浦八段が初タイトル、最終局の終盤でドラマが生まれました。
3拍子そろいました。このビジネスチャンスをのがすようなら、お先真っ暗。

臨時増刊号で棋譜の詳細な解説をしてくれれば買いますよ。
別に最終局を掲載しなくても良いのです。それ以前の深浦八段の対局の何点かを詳細に解説してもらえば言うことありません。
もっと言えば、王位戦最終局の詳細な解説は○○新聞をご覧くださいと臨時増刊号に書けるだけ、スピーディに出版してほしいものです。
スポンサーサイト
 
どうしたんでしょうか?
金子教室の別冊付録がなくなり、その綴じ込み付録もすぐになくなった。
青野九段の連載がいつの間にか、なくなった。

購読意欲をつなぎ止めるものがなくなった。

何とか打開しないとまずいのでは。
金子教室を再開するとか、別冊付録復活とか、あるいは画期的な新連載を始めるとか、何か手立てを打たないと。

今年中は様子を見るつもりですが、このままでは私は離れてゆきます。
 
うちの会社のビルは丁度、今の将棋会館建設の同時期で東京と大阪に新築で建ちました。
今までに設備の更新や、最近内装を変えましたが、まだまだ大丈夫のようです。

将棋会館は10年以内には建て替えが必要だとか、どこかで理事が発言されてましたが、本当に新築すべきかどうかは十分な検討を要する問題と思います。
新会館建設に反対するもの(棋士)はいないとも発言されていましたが、そりゃそうでしょうよ。
寄付金目当てで、連盟や自分たちだけですべて捻出するつもりはいまのところ毛頭ないでしょうから。
寄付金を頼っている限りは、無理と感じます。

建物をリースしたほうが安い場合もあります。
普段の対局でもどこか(地方)の旅館を利用するという手もあります。
一つの方法(新築)に決め付けないでいろいろ検討して、いろいろやってみてください。
 
「HERO」観ました。HEROは単数形ですが、映画では複数と思いました。

プリズン・ブレイク シーズンⅡ
24 シーズンⅤ
観終わりました。プリズン・ブレイクは引っ張り過ぎ、24は面白かったがマンネリと感じましたが、また次回を観てしまうと思います。
 
携帯電話サイト(有料)からPC版将棋サイト将棋倶楽部24のログインユーザーと対局可能とニュースがありました。
やはり会長とつながりのあるS社になりましたか。

PCユーザーから不満が出ないように出来るのでしょうか?
PC同士の対局でも落ちて中断が多いのですから、携帯からだともっと落ちそうです。
将棋倶楽部24を楽しんでいる人は、根っからの将棋好き、熱心な将棋ファンなので、その人達を怒らせないようにしないといけない。
もしそうなったとしたら、名人戦や女流棋士問題の比ではない。一番大事な将棋ファンを敵にまわす事ですから。

iモード版は昨日の18日から開始ですか。
携帯電話からの対局のニーズがあるとは思えませんが。
お手並み拝見。

 
○連盟の対局規定では罰金はなく、不戦敗か対局延期があるのみである。
罰金を取るというのは規定の改定か?

不戦敗について会長のHPに記載があった中で他にも問題があるが、特に
○台風等により、東西交流で来れないケースは、不戦敗と決定。
は、規定に反するのではないか?

○「台風による対局不可」なんてありえない、前提が間違っているという意見に対しての反論はないのですか?それとも全然わからない?

以上3点についての何らかの説明はできませんか?
もしくは「対局義務」についてどのように考えているのか、連盟は発表すべきではありませんか?

本日のキーワード「説明責任」
 
不戦敗について会長のHPに記載があったので引っぱってきました。
○本人の体調不良や突発事故によるものは、事前に連絡があって勝敗のみの結果だけとなります。
○初回のケース。失敗は誰にでもある。厳重注意と若干の罰を加える。
○台風等により、東西交流で来れないケース。不戦敗と決定。ただし他の罰金等は一切付与しない。
○不注意によるもの。これが一番重い。回数が多いものにはそれなりのことをする。8月には罰金100万円他を課しました。

驚きました。全部不戦敗にしています。
対局義務なんて全然関係なし。

スポンサー殿 不戦敗はその分契約料を減らしましょう。
彼らはわかっていない。
 
肩たたきは、相手を思い、騒ぎを起こしたくないためにはひっそりとやるもの。
連盟自らマスコミに知らせたようです。
これでは決着つきませんな。

台風による対局不可の棋士に対して対局延期か不戦敗の発表はどうなったのですか?また騒ぎを起こして、世間の眼をそちらに向けさせて、他の重要法案をいつの間にか通すか、うやむやにするつもりのようです。

話はもどりますが、早く決着つける提案があります。
世間も納得、勝負に生きる棋士ならば納得できる方法。
対局です。3番勝負ぐらいでどうですか?
かたやフリークラスといえども現役棋士、かたや引退したとはいえ、元名人。
いい勝負になりそうですよ。
負けた方はいさぎよく引退あるいは会長を辞職する。
興行的にも盛り上がること請け合い。
そういう話があれば、会長は断らないでしょう、いや断れない。
自分が勝つと思っているし、世間もそう思っていますから。

ご検討よろしくお願いします。
 
前回の件、指摘しておきます。
「台風による対局不可」なんてありえない。

前提が間違っていることは、良識あればわかるはず。わからない方が問題あり。

後日(水曜日ですか?)、公表があってから以降でコメントします。
 
先週末、関東直撃の台風がありましたが、会長のHPで
臨時理事会が召集され、台風による対局不可の棋士に対して対局延期か不戦敗か、後日改めて公表されるという記事がありました。

・予告編は必要なし。決まったのならさっさと発表すべき。
・「改めて」とは?
・公表される?受身はおかしい。連盟が公表するのでしょう。

どういう内容の公表か知りませんが、また納得のいかない内容になりそうです。
 
7月からかなり映画・DVDを観ています。印象に残るものを挙げます。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
ダイハード4
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
---------------------------------------------
明日に向かって撃て
アルマゲドン
荒野の用心棒
夕陽のガンマン
続夕陽のガンマン
笑いの大学
ラヂオの時間
24 シーズンⅣ
プリズン・ブレイク シーズンⅠ

三谷幸喜の2作品は期待してなかったので、観たときは新鮮な驚きで笑えました。
明日に向かって撃ての特典映像(インタビュー集)は必見です。
海外ドラマのこの2シリーズは面白い。次のシリーズも現在観賞中。
 
早速、1つ指摘しておきましょう。良いことですが。

大会の開始に先立ち、日本将棋連盟から能登半島地震復興支援の義援金百万円の目録が、寄付金を取りまとめている北國新聞社へ贈呈されるセレモニーがあった。プレゼンターは佐藤JT杯覇者が務めた。
(JT杯で9/2に行なわれた模様です。)

世間にアピールすべきことを何故連盟のHPでも公表しないのですか?(もう1週間たちましたが)

両極端の答えとありそうな答えを書きます。
○連盟は奥ゆかしいので発表しなかった。
○JT杯にかかわる棋士から集めた義援金を連盟の名前にしただけ。
○普及奨励金を横流ししただけであるので、連盟として公式に発表できない。
○最近あった不戦敗の罰金から百万円を使用した。

どれかに該当しそうですが、もういまさら公表はしないんでしょうね?

 
何か問題が起こったとき、

(何もしない)
すぐに何もしない。
指摘されても、すぐに何も改めない。
(身内の問題のとき)
とにかく身内しか見えない。
とにかく身内の利益になることを考える。
(世の中の反応を見るとき)
どうしたら良いかわからないので、身内の利益になることしかできない。
最近は連盟は良い子に思われたいので、いきなり意外なことをする。

以前このブログで、打っても響かない会社について述べましたが、この会社と同じ。

で、私はこれからは指摘だけにします。説明しても無駄のようです。説明してもわかろうとしない会社と同じですから。
自分で考えてください。自分でまわり(社外)に聞いてください。
これでいいのかどうか、いつも自問自答してください。

勝手に決めて発表して、世の反応を見る。今はこの繰り返し。
将棋界に向かってほとんど誰も反応しません、どうでも良いのですから。また反応があっても少数ということだけで連盟は無視という具合。

指摘だけでもありがたいと思え。
というスタンスでいきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。