96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
最近、気が付きました。

○MacArthur Park/Richard Haris
マッカーサー・パークは、Dona Summerで1978年の11月にBillboard 3週間1位を続け、日本でも大ヒットしたことはご存知の方は多いと思います。
でも実は、リチャード・ハリスで1968年6月にBillboard第2位になるヒットをしていたんです。私は名前は知っていたのですが、この人がハリーポッターの映画に出ていたとは気が付きませんでした。
そう、シリーズの途中で亡くなったダンブルドア校長だったのです。

○アンジェリーナ・ジョリーの父親がジョン・ボイトというのは、皆さんご存知ですか?あのミッション・インポッシブル1のトムクルーズの上司役とは。見比べると似ているかなと感じますが、苗字も違うし情報がなければ永遠に気が付かなかっただろうと思います。

いやぁ、映画については勉強不足を痛感します。
これからは打っても響かない方面に対しては省エネで、ビジュアルの方に力を注ぎますかな。
スポンサーサイト
 
自分の書く日記を「さわやか日記」と名付ける会長。
ファンサイトでは有り得ることですが、自身に付けるとは…驚いたね。
口で言うことはあっても、自身でタイトルにするとは…考えられません。

やはり、あれですか。さわやか流と言い出したのはやはり御自分ですか。

会長の「さわやか日記」では、こう書いてますとこれからは、いちいち明記しましょうか?
 
(将棋を学校で教えることが)関西も始まり東京に負けないように頑張っているようです。
……いるようです、とは何事ぞ。全棋士を束ねる会長の言葉ではない。
います、と何故言わない?将棋関係者にだけ発信しているのか?

(JT杯決勝の前夜祭で)森内、森下がいる。羽生もいる。女流の人達もいる。
……明日対局の森内、森下のほかに羽生も女流の人達もいる。というふうに、何故正確に書かないのでしょうか?
 
パワーダウンしてしまいそうです。

かの、話言葉だけの、ウッテントットには付き合いきれません。
何も考えていない、打っても響かない人に対して、こちらが費やしてるエネルギーは、向こうの何倍になっているのだろうか。

そういうことでアホらしくなったから
○○に将棋トピックス
○ん○ブログ
等は、更新しなくなり、何も言わなくなったような気がします。

これからは将棋界へのボランティアもほどほどにです。
 
会長の「将棋の話」より
上位者が間違って「玉」を取って、今の会長はその時気が付いたけれどもそ知らぬ顔をして「王」を取った。上位者は並べ終わってから気が付いたらしく、相手はジロリと睨んだが、会長はもう並べ終わっているから無視した。

羽生・佐藤・森内をはじめとする現代の一流クラスであれば、それ間違ってますと間髪いれず指摘したことでしょう。そんなことで勝ちたくない、自分の技量だけで勝負したいから。

以前か以後か、相手の升田は、「こいつは、人の上に立てるべきでない。」と言ったとか言わなかったとか。
その見識が如実に表れていますね、それもご自身の書いた文章で。

それから、将棋会館の寄付金集めの奔走。そりゃ多少働いたでしょうが、奔走ですか?今のタイトル保持者にオーバーに言ったり、頑張ってもらいたいと言うのは、あまりにも失礼で逆効果じゃないですか?あの時は大山名人が奔走したのです。32歳で何が出来るんですか。

それにしてもこの「将棋の話」の文章は前後全然つながっていない。
このブログのタイトルもそんなええかげん風にしました。

 
限定盤の価格\19,800は論外としても、通常盤で\5,800-
最近は、最新映画で2枚組でも、ミュージックビデオで2枚組でも、こんな高い値付けはしていない。
とにかく気になるものは買っておこうとする私でさえ、買うのを止めました。多分、妥当な金額になるまで購入しないことになりそうです。

何でこんなに高いのですか?
ビートルズだから?CCCDを出すようなメーカーだから?
メンバーの意向?それともメンバーの家族の意向?

前に出た「ヤァ、ヤァ、ヤァ」は今回の半分ぐらいの金額。
調べてみたら、今回とは関係の無い松竹ホームビデオが出してました。
えぇっ、販売元が違うから高いのですか?

高い原因は、EMIですか、それとも日本の○○が高くしているのですか?キャピトルは関係ないのかな?

東芝さん、何か言ってくれませんか?何か弁明できませんか?
 
何故、突然奉納なのか?その意義は?

何故、棋譜の奉納をするのか?駒とか盤も奉納しないのか?

何故、竜王戦なのか?まずは名人戦ではないのか?
 
会長の「奉納対局」のブログ読みましたか?
長文ですが、何を言いたいのか、何を伝えたいのか、さっぱり分かりません。

どなたかフォローしてください。
 
文章の後半は、
「書きながら職員から話を聞く。」
「書きながら職員から報告を受ける。」
と書くべきでしょう。いずれも前に「時間がなかったので、」と付けるとなお良い。

色紙を書くということは、タレントが自分の名前をマジックでサインするような事ではなく、棋士が書く場合は墨で揮毫するわけで、多少なりとも心を込めて書くものと信じたいものです。
したがって、色紙を書くことだけに集中すべきと思いますが、出来なければ、せめて聞きながらぐらいにとどめてほしい。
それが「話をする。」では、自分の方からの話、あるいは双方の話し合いの意味であり、色紙を書きながら心がこもっていないのではないかと読者には疑念が生まれてしまいます。

普通の企業の社長や会長は、何かをしながら話をするということは通常やりませんし、たまにやったとしても文章にすることはありえない。
こんなようなありえないことを書くから、この人は何を言いたいのか分からないと言われるし、深く読めば、70枚という色紙の多さと自分の忙しさに注目してほしいという意図が見えるのですが…。

「色紙70枚」がどれぐらい時間がかかるか知りませんが、前後の文章を見ますと9時半出社で夕方には業務終了のようで、普通の会社員の勤務時間であれば、色紙に書くことと話は同時ではなくとも済ませそうですが、どうなんでしょうか。

文章は難しいですね。話言葉ならこんなこと言われずに、通り過ぎて消えてしまうのに。

無防備というか、自分自身が気づかなく、相手に誤解されたり、あきれられたり、傷つけたりといろいろあっただろうし、この分ではまだまだ続きますかね?
 
「色紙70枚書きました。書きながら職員と話をする。」

また国語の問題というか、上記のように書くのは印象が悪いので、どう書くべきか という問題です。

私の観点は、後日アップします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。