96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
○未記入の件は、すぐ修正したので黙っておこう。
新聞社が気づいてないようだし、たかが10人や100人が目撃しても、そのほとんどが気にしていないだろう。
正式に指摘受けて、もし証拠を示されたならば、私は知らなかったと言い訳しよう。

○A級・B1級の星取表は、19インチ以上のディスプレイであれば、下が切れずに1クリックで全体が見通せるので、そのままにしておこう。
正式に指摘あれば、17インチなら毎日新聞の星取表を見てくれと言い訳しよう。

○本当に将棋ファンだったら、終盤の面白いところは徹夜してでも見ろよ。
え?、対局開始が8時であれば、見れるって?冗談じゃねぇぜ、そんなことできねぇ。
え?、棋士にとって順位戦は月1回しかないので、出来るんじゃないかって?
出来ねぇ、できねぇ、出来ても出来ねい。他が(≒自分たちが)迷惑する。
えぇ?夜の6時始まりだったら、序盤と終盤は観戦できるし、対局者の経費が交通費のみで宿泊費が節約できるって?……そりゃいい、早速理事会にはかろう。
スポンサーサイト
 
表題の件は、HPのオンラインショップ(Digital Shop)のお客様の声を反映するとうたっている「伝言板」のやり取りを一読すれば分かります。

・返答が遅過ぎる。
・答えが答えになっていない。
・言い訳の答えが多く、客のための回答になっていない。
・係りが違うとして、その部署へ受け渡しもせず、そちらへ連絡してくださいときたもんだ。
etc.

お客に対する最前線の対応がこれです。
責任者が居ないというより、おそらく決める(的確に指示する)人がいないのでしょう。

だから、この「伝言板」はお客様の声を反映しない連盟の縮図です。
 
○連盟の順位戦星取表が ワンクリックで全体を見通せない。
人数の少ないA級とB1級は、ワンクリックで全体を見たいものです。

○有料でしか見ることのできない順位戦は、持ち時間6時間のままで行なっているので、終盤の面白いところが遅い時間となり、翌日仕事がある将棋ファンには最後まで見届けることが困難。

思うところを述べるだけで、案はありますが私の案は書きません。
上記の件、ファンのためにどうしたら良いか、少しは考えろよ。
と書くだけにとどめておきます。
 
訂正は早かったですね、このブログの指摘で動いたとすれば。
ブログへのアップが1/14の日が変わる直前、訂正は1/16に済んだようです。

その後の様子も注目していたのですが、朝日新聞社へのお詫びとお知らせはないのでしょうか?
もしお詫びしていなかったら、その週のうちに済ますべきでしょうね。ということは明日の金曜しかない。
それから、一人から指摘があるということはその10倍から100倍の人が気が付いていると見るべきです。その人たちに対して分かるようにお知らせはしないのでしょうか?

何故こういうこと言うか、わかりますか?連盟殿。
考えてちょ。

さわやか日記にでも、とある件で朝日新聞社にお詫びしましたとでも書いておけば、分かる人は分かりますが。
 
日本将棋連盟のHPの順位戦の星取表には
主催:毎日新聞社とあるだけで、朝日新聞社の名前がありません。

これで良いわけ…ないですな。

さぁ、いつ気が付いて修正するか?迅速にできるのか?注目します。
 
「改善に改善を重ねる…」
これは弊社の昨年の重点課題の一つで、公けに目に触れることができるようにしていますし、具体的にどうすべきかが述べられています。
今年は弊社は1/7に公けになりますが、社団法人の日本将棋連盟はそういう発表はするのでしょうか?

本年もよろしく、ではなくて、本年はよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。