96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
横浜のデパートが追加され、字が直りました。
私の指摘で気が付いたのではないかも知れませんが、よろしいんじゃないですか。

でも、関西のデパートの予定がないことと、将棋祭りの各地のスケジュールの連盟の発表が時期的に遅いのは気に入りませんな。前年は8/3の雑誌、今回は7/28にHPでの発表。
一週間も早まっていません。
会社員の将棋ファンにとって、自身の夏休みの予定をこの7月の終わりで決めることができるのだろうか。間に合うのだろうか。

まぁ、少しでも改善されていると評価しておきましょうか。
来年はもっと早いお知らせになるかどうかウォッチングしますが、また同じ指摘にならぬよう頼みます。

頼みますという言葉でふと思いましたが、関西から連盟のHPに載せてくれという依頼(頼みます)が無いから、関西の将棋祭りの予定は載せていないのでしょうね。
東京は連盟の総本山なんだから、東京の連盟のHPで全国が分かるようにした方が良いのではないですか。

一度連盟HPで記載されたことで誤りがあれば、すぐに修正するようになったような気がします。
こうなってくると、あの方の書きっぱなしの無責任さが目立ってきます。
そういうことに対して物申す先輩や理事はいないのでしょうか。

スポンサーサイト
 
各地の将棋祭りは竜王がお知らせしてくれていますね。
相変わらず駄目ですなぁ、連盟は。
で、連盟のHPはと見れば、
○フムフム、関西の将棋祭りは無視で従来どおり予定は書かれていません。
 あれ、横浜のデパートも無視ですか。
 何故ですかね。昨年もHPでは無かったようです。
○あれれ、何か字が間違っていませんか。

字と言えば、読めても パソコンではスンナリと呻吟は出ないですね。
睥睨は出ましたが。手書きパッドでも使いましたか。
え、何かって?彼のブログに決まっているでしょう。
結果や結論を書かないあの方のブログですよ。
読み方が分かりますか?意味は何ですか?と、
分からなかったら調べてくださいよ、ですかね。
日記と言えども、公に発信している限りは最低限の説明は記載すべきですが、
何もありません。
いつものことですが、また読者を突き放してしまいましたね。

 
起承転結のない人。
誰だって?言わずと知れたあの方ですよ。

起承転まで行ったらまだ良いほう。起承まで、ひどいときには起だけ。
あの中途半端さ加減は、どういう頭の構造があれば出来るのでしょうか。
書きなぐり?口述筆記?
いずれにしても書いたものを後で読んでいないから、続きを書こうとは思いもつかないのでしょう。

そうでなければ、棋士特有の職業病ですか。
様子見の一手。とがめられなければ、悪手ではないという考え方。
相手から何も反応がなければ、二手指しでもやってやろうというような感じですね。

これからの将棋界は、こうします。こうなります。という抽象的なことは、10年後、20年後を見てくださいとなる。
実務的な話になると、どうも棋士連中をまとめきれていないのか、アンケートの結果は出てこないし、方向性が未だ見えてこないのですが、大丈夫なんでしょうか。

起承までしか、ご自身のブログに載せないということは、ただ騒ぎを起こしているだけか。
転まで行って、公になると結果を述べないとカッコがつかないでしょうね。
名人戦問題のように起が悪ければ、後で言い訳しなくてはならないこともあるし。

結局、世間が騒がなくて、将棋互助会の利益という方向に収束すれば、報告するつもりはさらさらないんでしょうね。

過去を振り返ると結構順調じゃないですか。名人戦問題では叩かれたけれども、損はしなかった。
女流棋士の経費もこれだけかかったんだから、しょうがないでしょうと、ごり押しで取るつもりだし。
このまま行くと、社団法人認定は大丈夫ですよ。公益は付きませんが。

 
またおかしなことを会長は書いています。

連盟は毎年女流には二千数百万円以上の金を負担してきました。
…13億円以上の収入が毎年連盟にあるかと思いますが、それの約2%。
  今までのどんぶり勘定では、大したことがない金額でそのままに
  (公にせず)したかったのでしょうね。
…女流棋士の棋戦収入は1億円程度でしたっけ。それの20数%も取ろうと
  いうのですか。
  妥当な経費かどうか、問題になるでしょうね。
…経費という言葉を使わないで「負担」という言葉に会長の考えが良く現れて
  います。女流はお荷物だと。
  負担ということは、面倒見ている分連盟に貢献していないということに
  なりますが、連盟に貢献していない男性棋士の方が金額的に、はるかに
  負担では。

請求額がオープンになりますから、ピンハネをしているかどうかの真実が
明らかになります。
…妥当な金額とは思えません。この%ではピンハネと思う人がいるのも自然。
…じゃぁ、男性棋士に対してはどれだけ経費がかかっているんだと問題になる
  と思うが、こちらの真実は明らかになるのでしょうか。
…まずは弱者対象の魔女狩りと思われぬようよろしくお願いしますね。
  もっと大きなやるべき改革はまだ公にしないだけで、着々と進んでいる
  のでしょうね。

女流棋士はプロである以上は将棋が強いことは絶対です。
次に氣品があることが大切。そして運が良いこと等
…男性棋士でも出来ないことをこの人は平気で言い、その言ったことを
  書いています。何なんでしょうね。
  どうせ出来ないのだから、好きなことを言っとけってか。

ただでさえ最近暑苦しいんだから、おかしなことをかかないでほしい。
頼みますよ。もっとさわやかなことを書いてくれることを。

 
週半ばが過ぎました。今日で雑誌の締め切りも終わったぐらいですかね。
でも連盟のHPには、スケジュールがありません。

関西将棋会館のHPでは、もうプログラムまで記載されています。
関西の将棋ファンは、これで予定が立てられます。

関東は各地で行なわれるようですが、スケジュールが見渡せません。
竜王のブログで自身が出席する日は、書いていますが、どこ(のデパート)でいつからいつまで何日間やっているか、分かりません。
(当然、竜王が各地のスケジュールをブログに書く必要は、さらさらありません。)

関東の将棋ファンはどうするんでしょうか?
いちいちデパートのHPを開いてスケジュールを確認するとは思えません。
ひょっとして関心が無いのだろうか。
それとも、関東は大会に出るようなアマチュア将棋ファンばかりで、年に1回の将棋祭りを楽しみにするような一般の将棋ファンは、ほとんどいないのだろうか。

連盟殿
もう決まっているんでしょう。各地のスケジュールは発表できるのに何故しないんでしょうかね。

出演者が決まってからというのは理由になりません。
開催期間が発表されて初めて、ファンは行けるかどうかの目安がつくわけです。
ひいきの棋士の出演日を選ぶのは、二の次です。

これは…ひょっとして、会長のブログに前にあったような文章に該当するかな。

「(どこの将棋祭りにどの棋士が出演するかは)200余名のプロ棋士の理解が大切であって、正論を述べる(ファンにスケジュールを前もって知らせる)などはその次か次のことです。」

なんてね。
でも彼らは本当にこう考えているような気がしてきました。
だとしたら、恐ろしい。これでは一般人とは永久に分かり合えない。

 
各地の将棋祭りのスケジュールが、今年も8/3発売の将棋雑誌に記載されるならば、締め切りである7月の半ばごろには決まっているはずです。
したがって、連盟のHPに載せる気持ちがあれば今週には出来るでしょうが、やってくれるのでしょうか?
あまり期待せずにウォッチングしていることにしましょう。

日本棋院の理事長もおっしゃってますが、今のままでは将棋連盟は公益社団法人に認定はされないでしょうね。
よく考えてください。今の状態でどこに公益があるんですか?

将棋ファンに貢献していない棋士にもボーナスがあり、普及に貢献していない棋士がいるにもかかわらず外部から普及奨励金という金をもらい、女流棋士は分裂したまま普及も分裂している。

到底無理でしょうね。
責任は歴代の理事会にありとは決め付けはしませんが、今の50代以上すべての棋士ににあると感じています。
特にタイトルを取ったことのある50代以上で、今まで無策で、何にもしていなかった棋士。
Yさん、Nさん、もう一人のNさん、あなた方が汗を流す番でしょう。今まで一番いい思いをしてきたんだから。

今のタイトル保持者たちに力を合わせてやってくれって言うのは、逃げているだけだと思います。

 
昨年、問題にしましたが、今年はちゃんとやってくれるんでしょうか?

え、何がって?

各地で行なわれる将棋祭りのスケジュールが一覧できるようにすること。
一斉に休むことが出来ない会社員などの将棋ファンは、夏休みの日程を選ぶには、将棋祭りのスケジュールが早く知りたいのです。

○昨年は9月号で一覧できたが、その発売日の8/3では我々の夏休みの予定は確定している。
○連盟HPなら7月の早い目にスケジュールを発表できたはずだが、昨年はなかったし、連盟に関係のない?将棋祭りはHPでは無視されていた。

今年も昨年並みでは、公益社団法人なんて夢のまた夢じゃないですかね。

 
秋葉原事件。
犯人というか容疑者は、高校時代に将棋のクラブに入っていたというのは報道されていましたので、将棋ファンはちょいと気になっていたと思います。

会長のHPのブログで、その弟の口述がある週刊誌に載っており、この号は売れ行き好調でしょうと書いていました。
私もちょいと気になりましたが、結局この週刊誌を立ち読みもしませんでした。

その次週ののブログ(二)で、先週に引き続いてその弟の口述にさらに衝撃を受けましたと書かれておりました。
何なんだろうかと先を読んでいくと、その週刊誌に会長の連載が始まると書いてありました。

そうですか、2週にわたってご自身の連載のお知らせ・宣伝ですか。
どうもお疲れさまでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。