96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
5回戦を終わって、3勝2敗と2勝3敗の真っ二つのダンゴ状態。

羽生さんが、A級にいなくなった後遺症かな。ホッと一息ですかね。

羽生さんにリーグの最終戦やラス前に当たる棋士は、黒星を計算に入れるので、それまでに何とか勝ち越した状態で対局しないと残留はおぼつかないと思っていたでしょう、羽生さんのリーグ後半の鬼のような強さを体験すると。
また逆に前半羽生さんに当たって、勝った場合は絶好調になるようです。
そんなこんなで皆さんちょっと力が抜けているんじゃないですか。

こんな感じが続くようならば、来年度は若手にはチャンスだと、B1級リーグを見てみれば、
渡辺竜王4勝4敗で、残り全勝すれば上がれるかな、運が良けりゃ3勝1敗でも行けるかもしれませんが、今までのような流れではちょっと無理のような気がします。
山崎七段は昇級以前の問題で、残り2勝1敗で残留できるかどうかという状態。
今回は井上八段がトップの6勝3敗で残り3局を2勝以上で久々のA級復帰が実現しそうです。

森内・佐藤・木村は、今の羽生に対してはちょっと息切れの感がありますが、残留できますかね。
羽生さんに対して王位を奪取して今回防衛した深浦王位は、順位が悪いのでどうなんでしょうか。
上位者は3勝2敗、下位者2勝3敗とほぼ分かれていますので、下位者は残り2勝2敗では危ない。

今回は挑戦は6勝3敗の同率決戦、4勝5敗の陥落が1~2名になりそうですが、将棋ファンはそれを面白いと見るのでしょうか?
スポンサーサイト
 
渡辺竜王が1勝を返しました。
第1局のスタート時に、第4局を勝った棋士が永世竜王になると予想しました。
なれば3連敗4連勝で、これは将棋界ではまだ誰も達成していません。

負けると4連敗で終了なので、渡辺竜王は必死だったでしょうね。
指し手を見ると、羽生名人は、ちょっと余裕過ぎたような感を受けます。

次の第5局が、俄然面白くなってきました。

渡辺竜王は、次も必死で頑張って白星をもぎ取れば、調子に乗れるのではないでしょうか。日程も最終局まで1週間ごとにありますから一気に行くこともありえます。

世代を異にする最高峰のタイトル保持者同士の現在最高の組み合わせの対局と思いますので、一局でも多く戦ってもらいたい。

 
Windows Vista対応への技術的な問題等、諸般の事情により棋譜Data2008は、CD-ROM版、ダウンロード版ともに制作しないことが決定いたしました。

この度、将棋年鑑のCD-ROM版シリーズのバックナンバーセールを実施いたします。

これはどういうことなんでしょうか?

在庫整理ということは分かるのですが、何もコメントが無いということは、
①Vista対応になると今までの棋譜データは読み取れないので、売り切ってしまおう。
②今後は棋譜をデータとして販売するのはやめるので、売り切ってしまおう。
③Vista対応かどうかの十分な検討はしていないが、とにかく売り切ってしまおう。

今後どうなるか分かりませんし、私はどうでもいいと思っていますが、ただ今後も販売するなら全局掲載してくれませんか。
今までは5百何十局程度。
実際の年間の局数は2千局ぐらいでしたっけ。全部掲載しましょうよ。
プロにあるまじき恥ずかしい対局も一般に公表・周知できるようにしましょう。

良いも悪いも全部公表するんです。
そうすりゃ、何事も良い方向に行くと思います。

 
正棋士に発した会長の言葉 
「対局を一生懸命指して、普及をまじめにしてください。」
棋士にとって当たり前のことを今さら要求しなければならないのは、悲しすぎませんか。
以前、こう書きました。

最近ほのかに分かってきました。こう言われる棋士にとっては、
「日々の対局に備えての準備や研究を(自分のことなのに)していない自分が、(ほかの人のために)普及なんかに時間をとって、やってられるか!」

そう思っている棋士が多いのではないでしょうか。
自分の努力不足を棚に上げ、文句を言う人が。
文句を言っても、連盟にたてついても、やめさせられることはありませんし。

会社員ならば、成績が悪ければ配属替えや転勤などを打診されて、応じなければどうなるかわかったもんじゃありません。

棋士たちの多数がマイペースで行くならば、公益社団法人はまず無理でしょう。
もしなったとしても、官僚の天下りが予想されますが、それで良いのでしょうか。

公益社団法人認定には、5年ぐらいの猶予がありますが、フリークラスや奨励会制度の改革などはあらかじめ決定して、しかるのちに施行というような手順を踏まないと大変なことになると思います。

 
羽生名人強し。今のところ渡辺竜王を3たて。この強さはどこからくるのか。

以前から思っていたのですが、番勝負やA級リーグ戦は、前半で多少負けても後半で帳尻合えばよいというような考え方があったのではないか?
いろいろ試してみて、その結果防衛または奪取あるいは名人挑戦者になれば儲けものという考え方。

で、前半は冒険するわけです。私が言う冒険というのは、前半の数局を自分が試してみたい局面にもっていくわけです。実戦が研究といって良いかもしれません。
特に成算がないけれども、不利になるかもしれないけれども、(おそらく勝率5割以下ではないかと感じているような局面)そこでじっくり考えてみよう、試してみようと。
それでほとんどの棋士に対して今まで勝っていたというのがすごいところです。

トーナメント戦では、勝てそうだと感じる局面に持っていく。
そうでなければ、トーナメント戦におけるあの圧倒的強さは説明できませんし、先手後手どちらを持っても総合勝率7割越えというのも説明できません。

多くの棋士は、多分どんな棋戦でも最初からスパートをかけて行きますが、挑戦者になってそこで息切れし、羽生世代に討ち取られるという結果になっているように思います。

渡辺竜王は羽生世代に風穴をあけた棋士。
今回羽生さんは、いつもと違って一気に決めようとするのではないでしょうか。

 
バックライトの付いている電子辞書は、バックライト無しではどうも見えにくい。
夜照明なしであるいは暗いところで、電子辞書を使う人が多いのでしょうか?

これは何なんでしょうかね。理解に苦しみます。
そういうふうな暗い所で使っていれば、徐々に眼を傷めるような気がします。
若いころは平気でしょう、私もそうでしたが、或る日急に眼にくると思いますよ。

電子辞書の売り場は明るいので、バックライトがあれば良いのか、無くても良いのかは判断つきません。
私の経験で言えば、事務所のような明るさがなくても家のリビング程度の普通の明るさがあれば、バックライト無しで十分です。

売れているメーカーは、バックライト付きでコンテンツ多数を売りとしているようです。
やっぱり、まだまだ電子辞書は成熟していないのかな。

 
○最前線物語で勉強したのに、中盤で連敗してしまったのが痛かったです … 善治

○勝ちきれなかったのは実力じゃなくて、妖術です … 一基

○3連敗4連勝はまだ無いが、2連敗4連勝はある … 明








みんな嘘です。ジョークです。許してちょ。
                                     
 
最近、自宅や会社で電子辞書を使っています。
私にとっての一番の利点は、字を大きく出来ることですな。
本では、細かい字を見るのがつらい状態になってきていますので。

3年程前のリサーチで60代以上は5割ほど電子辞書を所有しているようです。
さもありなんと思いましたが、驚くべきことに10代は6割以上持っているという結果が出ています。
これはどういうことなんでしょうか。

電子辞書で英単語や漢字熟語を憶えるというか、習得することができるのでしょうか。中に入っている辞書は中学生では難しそうですが、10代の後半ぐらいなら、使いこなせるのでしょうか。

復習は本で憶えるのと同様、発音しながら書いて、書きながら発音して勉強するのかな。
英単語はいろんな意味があるので、学生時代は一覧性のある本を活用する方が良いのでは、とロートルの私は思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。