96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
浅川マキのベストが出ましたね。
追悼アルバム「Long Good-bye」

ちょっと明るめの以下の曲が、なかなかいいじゃないですか。
・それはスポットライトではない
・Too Much Mystery
・Possession Obsession
全部カバーだと思うが、3つめが特にお気に入り。
オリジナルのHall & Oatesのものより、出来が良いのでは。

来年1月からリイシュー復刻盤が次々と出るそうだから、
楽しみに待つとしますか。

スポンサーサイト
 
いきなりですが、小生がクラシックで一番よく聴いたアルバムの紹介

Hooked On Classics/The Royal Philharmonic Orchestra
フックト・オン・クラシックス/ルイス・クラーク指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

ルイス・クラーク
この人は、ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の編曲者でもある。
フックト・オンというのは、「印象的な旋律(さび)」を「つないでる」という
二重の意味を持たしているようです。

クラシックの代表的なメロディのディスコ調メドレー。
ロック好きで、クラシックに関心あれば、はまること間違いなし。

アルバムは1981年11月に全米4位。
百万セット売り上げたプラチナアルバム
世界で1番売れたクラシックのアルバムらしいです。

シングルは、1982年1月に2週10位を全米で記録。
邦題は、クラシックス・オン・45/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

今は輸入盤しかなく、最近シリーズのベスト盤が出ているようですが、以下の2曲がお勧めです。
Hooked On Classics Part 1 & 2 と Hooked On Romance Part 1
前者はシングルになったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。