FC2ブログ

96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
竜王戦の第1局は海外で行われましたが、主催の読売新聞社が4,000万円出したそうです。
本当にそんなにかかりますか?

人数的には、20人もいないでしょう、読売が負担すべき金額は。
日本から送るもので大きいものは、将棋盤・駒・脇息・座布団・対局時計ぐらいですか。

これでは、4,000万円もいかないでしょう。
ツァーで行った人も含めての金額じゃないですか?
どれぐらい参加したかは知りませんが、何十人だとすれば、それを含めると妥当な数字に近づくとは思いますが、ツァーの人は個人負担でしょう。
そういうのをひっくるめて、総額4,000万円という数字では?

どこぞの会長が、読売が4,000万円も出してくれたと、はしゃぐから、誤解を生む。

読売が公表しているとしても、金を出していない法人の理事長か、会長か知りませんが、かかわりがあっても、他の会社の費用の金額を自分のHPに書きこむのは、まずいんじゃないかと思いますけどね。

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。