96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
前回書いた日は、漢字検定の日でした。
来年の6月あたりに準一級を受けてみようか、なんてね。
私はまだ受けたことはありませんが、年に3回あるので、二級で受けるなら2月かな。

将棋界というのは、四段になるという正棋士の資格のみでやっていけるという稀有な世界ですな。
更新の講習等も無く、成績が極端に悪くても、スキャンダルがあっても資格は剥奪されず、維持できるようですな。

企業は、新入社員教育ならば半年から1年ぐらいはやりますよ。
机上の教育は 1~2ヶ月ぐらいで、残りは実務教育。
役職が上がる時点での研修もあるし、仕事に関連する資格取得を奨励しています。

連盟は、棋士の心構えについての研修をやるべきでしょう。
ただでさえ、弟子に何にもしない師匠が多いのだから。
実力無き者は去っていく世界であれば何も言いませんが、将棋界にほとんど貢献もせず、定年までいるようでは大いに必要じゃないでしょうか。

資格取得の手はじめとしては、毛筆検定などはいかがですか。
うまい字であれば、その棋士のファンでなくても買いますよ。
下手な字だから、扇子が売れ残り、職団戦での在庫整理の景品となるのでは。

書は、若いうちから練習せずとも、年を取ればそれなりになるとしか考えてないのでしょうが、年を取っても下手だけの人が見受けられるのは残念なことです。
心がこもっておれば、下手は下手なりの味があるのですが。

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。