FC2ブログ

96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
5回戦を終わって、3勝2敗と2勝3敗の真っ二つのダンゴ状態。

羽生さんが、A級にいなくなった後遺症かな。ホッと一息ですかね。

羽生さんにリーグの最終戦やラス前に当たる棋士は、黒星を計算に入れるので、それまでに何とか勝ち越した状態で対局しないと残留はおぼつかないと思っていたでしょう、羽生さんのリーグ後半の鬼のような強さを体験すると。
また逆に前半羽生さんに当たって、勝った場合は絶好調になるようです。
そんなこんなで皆さんちょっと力が抜けているんじゃないですか。

こんな感じが続くようならば、来年度は若手にはチャンスだと、B1級リーグを見てみれば、
渡辺竜王4勝4敗で、残り全勝すれば上がれるかな、運が良けりゃ3勝1敗でも行けるかもしれませんが、今までのような流れではちょっと無理のような気がします。
山崎七段は昇級以前の問題で、残り2勝1敗で残留できるかどうかという状態。
今回は井上八段がトップの6勝3敗で残り3局を2勝以上で久々のA級復帰が実現しそうです。

森内・佐藤・木村は、今の羽生に対してはちょっと息切れの感がありますが、残留できますかね。
羽生さんに対して王位を奪取して今回防衛した深浦王位は、順位が悪いのでどうなんでしょうか。
上位者は3勝2敗、下位者2勝3敗とほぼ分かれていますので、下位者は残り2勝2敗では危ない。

今回は挑戦は6勝3敗の同率決戦、4勝5敗の陥落が1~2名になりそうですが、将棋ファンはそれを面白いと見るのでしょうか?
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。