FC2ブログ

96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
おかしいなぁ、確かこうだったはずだが。
「子供流の経営術が将棋連盟」

これについては連盟の当事者以外は、みんな賛同するんじゃないですか。
内部改革もやれないような組織が、経営なんかしていないでしょう。
入ってきた金を分配しているだけ。
公益社団法人になれないと分配金が減るので騒いでいるだけ。

これを
許せないのは「日本将棋連盟の運営が子供じみたもの」と断定したこと。
と文章をすり替えています。

運営とは 組織・機構などを働かせること。
経営とは違いますね。
これは何の工夫もなくても、できることです。
その立場に立てば、運営は誰でもできるかも。

内部改革するということは自分たちが我慢するということ。
子供なので我慢はできないんでしょう。
子供なので親(スポンサー)やまわりの人に駄々をこねて、文句ばっかり言って困らしているんじゃないでしょうか?

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。