FC2ブログ

96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
本当にいろいろやってくれますね。相手別に振り返ると、

スポンサーに対して
30年程前に宙に浮いた名人戦を引き継いで長年世話になっていた毎日新聞をいきなり袖にしようとした。

女流棋士に対して
女流棋士全員の独立を阻止した。

元職員に対して
ネット中継担当として連盟に協力していた元職員を仕事中に呼びつけ言い争いとなり(現在も係争中)、その一方では中継を自前でやりますとアピール。

いずれも相手の長年の功労を無視して、別の契約先や自前でできる態勢(怪しいものですが)を確保してから切ろうとしているようです。
女流棋士独立問題については、女流棋士は普及に必要であり、女流棋戦契約金が手に入らなくなることもあり、何人かでも残留させようとした。

金がすべてで、その次は利用できるかどうかが判断基準のようです。
そういうやり方が通用しているように見えるのが不思議なんですが、今度ばかりはダメじゃないですかね。

最近思うのですが、本当に会長自身が金がすべてのような判断基準を持っているのだろうか?
フリークラス制度や引退棋士のボーナス、負けても対局料が受け取れる制度や段位・クラスで決まる対局料は必要だと思っているのだろうか?
このようなやり方を続けていくと、病気とかで倒れるまで会長職をやらざるをえないのじゃないですか?
世間一般に通じないようなことをやっていく間は、会長職に奉りあげられる。
逆に会長職から逃げられない。
そして居なくなった後の内部の声は、アイツが勝手にやった、うまくいかなかったのはアイツのせいだと。

この次は一般人(ファン)にとって迷惑な事をしでかすんじゃないかと危惧しています。

そういうのがひと通り終わってからようやく正棋士の待遇問題に手をつけるんじゃ、手順前後と言われても仕方ありませんな。

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。