96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
後世に残る棋譜解説は、以下のようになりました。
表題は(棋譜解説ではなく)棋譜鑑賞と逃げを打ち、無料なのでコメントなんてあるだけでも有難く思えというスタンスに思える。
棋譜入力者・コメント者の名前無く、立会人は明記しているので、もし問題が起これば、立会人の責任にしようとする連盟の姿勢・魂胆でしょう。
これに似たようなことは今後、有料でも起こりそうですが、いかがかな?

どこやらの会長の不誠実なブログからは不確実な情報しかなく、どうもよく分からないが、連盟がネット事業を開始する際に何故棋士の方からファンにお願いするのか?
連盟が請け負うということは、有料。
ファンから金を取らなくても、スポンサーから金を取る意味と解釈できます。
無料の観戦でも、何か面倒な方向に変えようとする連盟の意図があるように感じますね。

何をしようとしているのかは詳細には分かりませんが、現状から大きく変わらない方がよろしいんじゃないですか?
将棋が趣味です、好きですと胸を張って言えない将棋ファンを動かすのは無理と思いますよ。

それからもう一つ。
連盟が請け負うということは、棋譜解説の質に波が生じてくると思います。
ネット中継者の問題ではありません。
やり始めの頃は大過なしでしょうが、だんだん棋譜解説の質が下がった対局解説が増えてくる。
解説する対局が多ければ多いほど、軌道に乗れば乗るほどそうなってくる。

何故そうなるのか、考えてチョ。さすれば、その対策も見えてくるでしょう。

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。