96つぶの涙

オールディーズな洋楽を楽しみつつ、へぼ将棋にうつつをぬかす日々

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
1964年4月4日 アメリカのBillboard Chart ベスト5をビートルズが独占しました。
当時はシングル盤のレコードでA面・B面がありましたが、この場合両面ヒットになっているものはありません。
どうして、こんなことが出来るんでしょうか?
Chartを見てみますと、

1.Can't Buy Me Love (Capitol)
2.Twist And Shout (Tollie)
3.She Loves You (Swan)
4.I Want Hold Your Hand (Capitol)
5.Please Please Me (Vee-Jay)

お分かりですか。そう、レコード会社が4社も入っているからこうなったんです。
Capitolが参入して後、それまでは売れていなかった別の会社のレコードも爆発的に売れたわけです。
英国を征服していたビートルズは、米国ではローカルレコード会社と契約していたが、なかなか認められずに、メジャーのCapitolと契約して販売した途端に大ヒットになりました。
こういうことは、まず起こりっこないですね、同じレーベルのレコード会社に所属している場合は。
空前絶後といっていいでしょう。
しかしその代わりにCapitolのアルバムは、別会社の曲を含むことが出来ずに販売をスタートすることになる。
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。